1. ホーム »
  2. 会社情報 »
  3. 沿革

沿革

かもめプロペラの歩み

1924年9月

  • 板澤鋳造所を創立。舶用プロペラの製造を開始。

1961年3月

  • 手動油圧式可変ピッチプロペラCPH型を発表。

1961年12月

  • 動力油圧式可変ピッチプロペラCPA型を発表。

1963年10月

  • 社名をかもめプロペラ株式会社とし、現横浜市戸塚区に工場新設。

1964年3月

  • 電機式リモンコン式可変ピッチプロペラCPE型を発表。

1966年5月

  • 固定ピッチ式サイドスラスタTF型を発表。

1967年4月

  • 減速機組込式可変ピッチプロペラCPR型を発表。海外5ヶ国の特許取得。

1974年6月

  • 可変ピッチ式サイドスラスタTC型を発表。

1976年8月

  • 10,000馬力用可変ピッチプロペラCPC150納入。

1979年2月

  • CPCM型開発、小型可変ピッチプロペラ広まる。

1981年4月

  • 可変ピッチプロペラおよび固定ピッチプロペラにスキュー翼の採用。

1981年7月

  • 高揚力フラップラダー「K-7ラダー」発表。

1982年7月

  • 可変ピッチプロペラ納入実績3,000台を越す。

1985年7月

  • ジョイスティック操船システム「MACS」開発発表。

1987年3月

  • 新型可変ピッチ式サイドスラスタTCA型発売。

1987年8月

  • 推進機関最適制御装置「PRO-CON21」発売。

1987年10月

  • フェザリング可変ピッチプロペラ装置開発。統合運航制御装置システムとともに輸出。

1990年1月

  • 可変ピッチプロペラ納入実績4,000台を越す。

1990年2月

  • 水ジェット式スラスタ「オムニスラスタ」納入。

1992年3月

  • 新型固定ピッチプロペラTFA型発売。

1993年7月

  • FIXTURLASER社と提携。レーザー精密計測装置発売。

1998年10月

  • ISO9001品質システムの認証を取得。

1999年6月

  • RO/RO船に15,887kW(21,600ps)可変ピッチプロペラ納入。

1999年8月

  • 新型推進機関最適制御装置「PRO-CON CX-300」開発。

2000年1月

  • DPS対応型サイドスラスタDSシリーズ開発

2001年1月

  • 小型船用改良型可変ピッチプロペラCPC-N型開発。

2003年1月

  • 高速RO/RO船にCPC-170BF型納入。

2004年3月

  • ハブシリンダ型可変ピッチプロペラ開発。

2004年4月

  • ジョイスティック操船システム「MACS-KM」発売。

2004年9月

  • 新型可変ピッチ式スラスタTCB型発売。

2006年4月

  • 二重反転式ハイブリッド推進装置用可変ピッチプロペラを納入。

2008年2月

  • サイドスラスタ納入実績3,000台を越す。

2010年10月

  • K-7ラダー納入実績1,000台を越す。

2012年10月

  • 可変ピッチプロペラ納入実績5,000台を越す。

2014年12月

  • サイドスラスタ納入実績4,000台を越す。

《写真をクリックすると拡大します》


創業当時の砂町工場


鶴見工場(昭和22年)


手動油圧式可変ピッチプロペラCPH型第1号機


25GTまき網灯船「第52大福丸」かもめ可変ピッチプロペラ第1号機装備


動力油圧式可変ピッチプロペラCPA型第1号機


フェザリング可変ピッチプロペラ


推進機関最適制御装置「PRO-CON CX-300」


高速RORO船「ひまわり5」


二重反転式ハイブリッド推進装置用可変ピッチプロペラ


可変ピッチプロペラ納入実績5,000台