1. ホーム »
  2. 製品情報 »
  3. プロペラ »
  4. 可変ピッチプロペラ

可変ピッチプロペラ

優れた操船性と経済性を実現

「かもめ可変ピッチプロペラ」は、1961年当社独自の技術によって誕生しました。お客様のニーズに合わせた半世紀にも及ぶ研究と技術開発を続け、小型船から15,000kWの大型船まで、商船、漁船、フェリー、調査船、海洋開発プラットフォームなど、あらゆる船種に装備され、その納入実績は5,100台を超え、世界でトップクラスの製造技術、販売シェアを誇ります。

優れた操船性能

プロペラの翼角(プロペラ・ピッチ)を制御することにより、全速から微速、停止、後進に必要な速度が簡単に得られます。
機関の回転数をそのままに、プロペラ・ピッチを制御するだけで急速停止が短距離でできますので、操船性の向上とともに緊急時の安全性が向上します。

省エネルギー

航行条件(運航スケジュール、積み荷の状況)や海況(追い風や向かい風、潮)などの外的条件により、推進に必要な出力は常に変動します。負荷状況に合わせてプロペラ・ピッチを最適に制御することで、機関の特性を最大限に活かした省エネを実現することが簡単にできます。

環境にやさしい推進システム

可変ピッチプロペラを使用することで、船速に関係なく主機関を一定の回転数で運転できます。燃料消費率の良い主機関で発電機や油圧機器などを駆動するする動力システムが構成できるので、補助機関の運転の必要はなくなり、燃料消費量を節減できるために機関から排出されるCO2やNOxも低減されます。

特徴

  1. 新しい研究と豊富な実績から生まれた優れた操作性と構造
  2. 耐久性、組立と保守の容易性に対する行き届いた設計
  3. 運航効率を最大要件とした独自のコントロール装置
  4. 各種船舶の装備条件に適した型式、制御方式の多様な対応
  5. プロペラ性能、対振動・騒音への絶えざる研究の成果が快適航海をお約束

写真をクリックすると拡大します


ラインナップ

かもめ可変ピッチプロペラA型シリーズ

主に中、小型船に適用され、ハブは船首、船尾側で2つに分かれる分離型。羽根はその間に組み込まれ、分解・取り付け作業が容易に行えます。

写真をクリックすると拡大します



かもめ可変ピッチプロペラB型シリーズ

B型シリーズは、主に中、大型船に適用され、ハブは一体型、翼は一翼ごとに取り付けられます。

写真をクリックすると拡大します



フェザリングプロペラ

プロペラが回転していない状態での抵抗を最小限にすることができます。帆船や両頭フェリーでその効果を発揮します。

写真をクリックすると拡大します



制御装置

推進・操船システムの総合メーカーとして、可変ピッチプロペラ、サイドスラスタ、舵をトータルでプロデュースし、省エネや安全運航にマッチしたシステムをご提供します。

写真をクリックすると拡大します