1. ホーム »
  2. 製品情報 »
  3. ゲートラダー

ゲートラダー® システム (GATE RUDDER® SYSTEM)

実船で14%の省エネ性能を確認した新世代舵システム

ゲートラダー®は舵をプロペラの後方ではなく、 両側に配置し、特殊な形状をした舵それ自体が推力を生み出すことで、実船計測において14パーセントの省エネ性能を実現した、 全く新しい発想に基づいて設計された新型舵システムです。

※ゲートラダーの開発には、日本財団のご支援をいただきました。

同型船で確認された3つの性能

    ゲートラダー搭載船「しげのぶ」、 フラップラダー搭載船「さくら」、 同型船2隻のデータを比較することにより、3つの性能が優れていることを確認しました。

     

  1. 圧倒的な省エネ性能
    ゲートラダーとフラップラダーを装備した同型船2隻の海上試運転結果の比較から、ゲートラダーの高い省エネ性能が示されました。


    1年間の燃料消費量で見ても、季節を問わず、ゲートラダーは圧倒的なトンマイル当たりの低燃費が、安定して実現できていることが確認できます。

  2. 優れた保針・旋回性能
    ゲートラダーでは、2枚の非対称舵をそれぞれ適切な舵角で操作することにより、低速時の旋回径がフラップラダーよりも格段に小さくなり、非常に高い低速旋回性能を実現しています。


    最大速力時の旋回性能もIMO基準を大きくクリアしています。

  3. 高い静音性能
    ゲートラダーは、プロペラの両側に舵板を配置しているため、プロペラへ流入する船尾伴流が均一化され、静音効果も生み出します。フラップラダーを装備した同型船に比べて同一船速で5dBもの静音性を確認しました。(同一出力では3dBの静音性となります)

原理 「ダクトプロペラ」で利用されていた「ダクト効果」に着眼

従来、舵に作用する流体力は抵抗となっていましたが、それを舵推力に変えるため「ダクト効果」を利用したのがゲートラダーの大きな特徴です。「ダクト効果」とは、プロペラを囲むように配置された特殊な断面形状のダクトに入る流体に速度差を生じさせ、その結果として得られる揚力の前進方向成分が推力として寄与するものです。

ゲートラダーは、ダクトの翼形状を研究し、効果的な翼形状を舵板の形状に活用したことで、通常舵では生まれない推力が大きな省エネ効果につながります。

システム

ゲートラダーシステムは、船舶の性能が最大限発揮できるよう、専用に設計された、ゲートラダー・最適化アルゴリズムを搭載したオートパイロット・操舵機・軸系装置・プロペラを一体で設計・提供する統合システムです。当社が責任をもって船種・船型に応じたシステムを計画させていただきます。

お問い合わせ

ゲートラダーについてのお問い合わせは、お問い合わせからお願い致します。

関係リンク

パンフレットのダウンロード

下記よりパンフレットをダウンロードいただけます。

PDFゲートラダー (A4/3ページ、4.0MB)


PDFをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAdobe Reader(無償)が必要です。Adobe Readerをインストールすることにより、PDFファイルの表示・印刷が可能になります。

Adobe Readerのダウンロード