米国環境保護庁(EPA)発行による2013VGPへの対応について (2019.3更新)


米国環境保護庁(EPA: Environmental Protection Agency)は、2013年12月19日より2013VGP (Vessel General Permit)を施行致しました。
これにより米国海域を航行する全長約24メートル(79フィート)以上の全ての船舶 (レクリエーション船を除く)は、海水に接する全ての機器の潤滑油、及び作動油について、“技術的に困難である場合”を除き、環境対応型潤滑油(EAL:Environmentally Acceptable Lubricants)の使用が義務付けられました。


2013VGPにおける“技術的に困難である場合”とは次の通り定義されています。

a) 機器製造者の仕様に適合したEAL が無い場合
b) ワイヤーロープ等の予め潤滑油が使われているもので、EAL を使用した代替品がない場合
c) 寄港するいずれの港でも機器製造者の仕様に適合したEAL を入手できない場合
d) 次のドライドックまでEAL への交換/使用を遅らせる必要がある場合


VGPへの対応方法

プロペラ、サイドスラスタ、舵、が当社対象製品となります。
EALを使用するには、ドライドックでの作業が必要となる場合があります。
上記の“技術的に困難である場合”には“Technically infeasible”レターを発行致しますのでお問い合わせください。


可変ピッチプロペラ(CPP)

»CPP用推奨EAL作動油一覧
»CPPハブ用推奨EALグリース一覧

固定ピッチプロペラ(FPP)

2013VGPに適合するEAL(グリース)を封入してください。

サイドスラスタ

»TCB型スラスタ推奨EAL一覧表
»TFA型スラスタ推奨EAL一覧表
その他の型式についてはお問い合わせ下さい。

K-7ラダー

推奨EAL(グリース)についてはお問い合わせください。

お問合せ先